魔法のMessage

【子供たちのすばらしい力】

体調が悪くて昨日は更新サボりました。

昨日は子供たちのお楽しみ会でした。

4歳、5歳クラスが劇をやるのですが

うちは年子なので両方観れてとってもラッキ♡

毎年のこの会でいろいろな成長を見る事ができて

親としてはとてもありがたい会です。

 

姉のクラスは「さるカニ合戦」

弟のクラスは「ブレーメンの音楽隊」

お姉ちゃんはカニのお母さん

弟は泥棒役です。

 

弟のクラスは恥ずかしがり屋のわんぱく男の子が多く

去年も今年もおふざけをしてしまいました。

照れちゃって笑っちゃうんですね。。。

誰かがそうなるともうみんながそうなっちゃいます。

真面目にやってる子にも申し訳ない…

 

これは親としてどう声かけをしたら良いのか

私も悩みました。

怒っていいものなのか、それとも褒めるのか…

照れたけど頑張ったねと一度はちゃんと認めてあげて

本人に考えさすのが一番なんだろうなぁ

だって親からはやっぱり褒められたいですよね。

どんな自分でも…まだまだ4歳なんですもの。

 

とかなり考えました。

 

お姉ちゃんのクラスは打って変わって真面目なクラスで

小さい時からおふざけする子はいません。

 

結構劇としてまとまってます。

今回は園最後の劇として本当にみんな頑張りました。

さすがお兄さんお姉さん。年長さん。

声も大きく、誰一人聞こえない子はいなくて

劇としては完璧に近い仕上がり(笑)

娘のカニ役も最高にかわいかったです。

 

後の懇談会は、先生と涙ながらに語り合う

とてもいい懇談会でこのメンバーで卒園を迎える事に

感謝したいと思いました。

 

みんな親として一緒に悩んで、一緒に戦って

一緒に育ててきたんだな、そして何より一緒に成長した。

子育てって親が成長させてもらってるんだな。

子供たちの力を感じたと同時に

私たちが成長させてもらってるんだな

と感じた冬のお楽しみ会でした。

関連記事

ページ上部へ戻る