魔法のMessage

【大人は思い込みや制限で生きている】

9月小さい時にご飯は残してはいけません!!

そう教えられませんでしたか?

私はそう教えられました。

目が潰れるよ!!なんて脅されたり笑

 

私は本当に食が細くて

食べるのは遅いし、

すぐお腹いっぱいになって

食べることが苦痛でした

 

胃が弱くて

無理して食べると

すぐ胃痛になっていました。

高校生の頃から胃カメラを飲んでいた子です

 

大人になってある時ふっと言われました。

 

「残したらええやん。無理して食べて胃が痛くなる方が

つらいやん?残しなよ」

 

私はこの時に

ものすごくものすごく楽になったのです。

 

なんだ。

そうだ。

別に残してもいいんだ。

 

食べる事すら苦痛に思っていた私が

目の前がサァ〜っと明るくなった気がしました。

 

残すのはもちろん勿体無いことです。

だけども自分を苦しめることはないのです。

 

厳しく育てるってどういう事でしょうか。

もちろん危ない事ややっていけない事

ルールなどはちゃんと教える必要はあるでしょう。

友達とのかかわり合いで学ぶ事も多いはずです。

それは大切にしながらが前提ですが

 

子供たちに無意味な制限を作らないようにしたいです。

〜してはいけない

〜こうであるべきだ

〜したらバチが当たる

これは大人になった時に自分を苦しめる制限に

なってしまう可能性があります。

 

男の子だからめそめそするな

女の子だからもっとしっかりしてほしい

誰が決めたのでしょうか。

長男だからお姉さんだからお兄ちゃんだから…

これができるからいい子

言うこと聞かないなら悪い子

 

大人の思い込みをこどもの無限の世界に

持ち込むべきではないのです。

真っ白なキャンパスに

親の色を塗ることはないのです。

 

どんなあなただっていいのです。

泣きたかったら泣いていいよ。

甘えたかったら甘えていいよ。

 

どうせ数年です。

今はそう言ってあげるべきなのかもしれません。

どんな自分も受け入れてもらえる。

そんな自己肯定力を今ちゃんとつけてあげたいです。
===============================
自分を愛せない大人たち。
これは子供の頃に傷ついた心が原因かもしれません。
そこに気づいた時、どんな自分でもいいんだよって
いってあげられるといいですね。
Yoko Morishita | 2016.2.19

まぁ実際はなかなかうまくいかないのが子育てですけどね!
でも自分を愛せる大人になって欲しい。そう思います。

関連記事

ページ上部へ戻る