魔法のMessage

【〜自分を許すという事②〜】

猫と木

体型が同じ二人の人がいます。

Aさん…いつも太る事を気にしていて
食事制限もちゃんとやっています
ちゃんとやっているので
自分は体型を維持できていると思ってます。

Bさん…太る事をあまり気にせず
食べる事が大好きです
気になった時にカラダ動かしたりして
そこそこ維持しています。

 

その二人に同じ事を言いました

「ちょっと太った?」

 

Aさん…ええ!!こんなにちゃんとやってるのに
太るはずないし!!
そんな事言うなんてデリカシーがないわ!!!
信じられない!!ひどい!!!傷ついた!!!

 

Bさん…ほんと?じゃぁ週末にジムでも行って
カラダ動かしてくるか〜!
それまではちょっと制限しよっと♡
いや〜ん気づかなかったわ!
言ってくれてありがとう!

 

Aさんはいつも気にしていて、太る自分を許せないのです。
ちゃんとやらないと太ってしまう!少しでも太ってしまったら
私はダメだ!!っていつも自分を追い込んでいます。

 

だからそこを突かれると傷つくのです。

責められたと感じるのです。

体型の事は見た目の事なので

とてもわかりやすいです。

これが自分の内面や心に関する事なら

まったく気がつかない事が多いです。

なぜなら蓋をして気づかないふりをしているからです。

 

自分が傷ついたり

責められたと感じたら

言われた事を悩むのではなく

相手を責めるのではなく

一度自分の事を思い返してみてください。

必ずそこに原因があります。

 

そこを許してあげるのです。

認めてあげて

あぁ〜私って太る事が怖かったんだ。

太ってしまうとなぜいけないんだろう?

嫌われると思うから?

モテなくなると思うから?

そっかそっか。

ってどんどん自分の中を見つめていくのです。

そして許してあげるのです。

 

ちょっとくらい太ってもかわいいやん?

わたしそれで魅力なくなるわけないやん?

太ったらまぁ制限すればええだけやん?

ちょっと緩めてあげてください。

 

そうすると

どんどん自分が自由になっていきます。

がんじがらめになって

なんでこんなに苦しんだろうって

思ってた自分が

なんでこんな事で苦しんでたんだろうって

変わります。

 

自分を許すってこういう事でもあります^^

生きづらいと感じる人はそういうのが

たっくさんあります。

気づいてあげてどんどん自分を許してあげてくださいね。

私もまだまだありますよ〜〜!

 

関連記事

ページ上部へ戻る