魔法のMessage

【楽しいから笑うんじゃなくて、笑うから楽しいんだよ】

えがお彼が死んで4ヶ月経って東京に戻ってから

合コンにしょっちゅう誘ってくれる友達がいました。

こんな時に合コンなんて…

正直面倒くさくて行きたくなかった。

でもいやいやでも行くでしょ?

笑うんだよね。

どんなに心が悲しくてやるせなくても笑えるんだ。

帰り道にね、なんで私だけ生きてて笑ってるんだろうって

中目黒の駅の誰も通らない陸橋で声を上げて泣いた。

声を上げて泣いたのはその時だけ。

帰って、一緒に住んでた妹に

笑って今日の合コンも最悪やったわ〜って言った。

 

「恋を忘れるには次の恋」ってよく言うけど

ぶっちゃけ普通の別れ方じゃないし、そんな気になれるわけない!!

心ではそう思ってたけどね、

合コンは楽しくなかった。週に2回は誘われてたけど

全然楽しくなかった。でも笑ってた。

帰り道に泣く。その繰り返し。

でもね、笑ってる時だけは楽しいんだよね。

どんなに心が悲しくても 笑ってる時は楽しい。

だから笑いに合コンに行ってたんだと、今なら思う。

そうやって笑うことを増やすと、泣くことが少なくなって

笑うことが増えてきた。

笑うと本当に心から癒えてくるんだなと

今なら思うよ。

無理に笑う必要はないけど、そんな時は必要だったんだね。

 

泣いて笑って怒ってさ、私って生きてるなぁ〜って思うわぁ。

しみじみ。。。

 

だから、いつも何があっても向き合ってたいんだよね。

一方的なのは好きじゃない。残された方の辛さを味わったから。

どんな嫌なことがあっても向き合っていたいなと思う。

人生はもがいて苦しんでみっともないものだ。

そしてそんな人生の方がずっと素敵だし

そういう人の方が魅力的だと思う。

人はいつだって未完成で、いろんな人と関わり合いになりながら

少しずつ少しずつ穴を埋めていく。

一生未完成。死ぬまで未完成。

でもその時に出会ってくれた人たちは私の一部になっていく。

だから出会った人とは誠意を持って付き合いたい。

私は少なくともそう思って生きている。

今日は詩じゃないけど笑

思いのままに綴ってみました。

関連記事

ページ上部へ戻る