魔法のMessage

【自信がなかった私が自分に腹を括れ、 自信を持って進む事が出来るようになりました】

【自信がなかった私が自分に腹を括れ、
自信を持って進む事が出来るようになりました】

自分が何がしたくて、何を求めてて、何が楽しいか、
何をして生きたいかどうなったら寂しくないか、
そんなことを探しながら10年近く、スピやコーチング、
カウンセリングの傍ら、色んな仕事にも就きつつ、
育児と主婦と娘と妻で生きてきたけれど
どうしても越えられない何かにいつもぶち当たり
パートナー(ツイン)との出逢いや色んな出来事から、
自分のチカラで、好きなことを形にして
自立した生き方をしたい。
と強く望むようになっていた時、
ツイッターで女性の「自立」について書かれてる
Yokoさんのつぶやきに出会いました。

ブログを拝見すると、
セッションを受けるチャンスが有り
即、申込み。直に会ってセッションを受けました。
印象は「地に足着いたスピリチュアル」
どこまでも辻褄が合うし、
私のとてもぶっ飛んだ話も、
受け止めて頂けてるの感じるし、
じゃぁ、まずどうしたら良いかね〜って
具体的な一歩を踏み出す後押し(エール)を頂きました。
何より、安心感半端なかった。

その後再度セッションを受けて、
その時にこの講座があるとお話を聴いていました。
で、何となく申し込みました。
が、この時はそんなに具体的に自立について
考えないままだったのですが
既に流れに乗っていたんだと思います(笑)

これまで50年(生まれてからずっと)
自信を持つってことがボヤケていて、
しかも何をどうしたら、自分を信じられるか
核心に近づくほどに見えなくなっていたのが、
Yokoさんの、的確な指摘、タイムリーな言葉のエールで
どうしても壊せなかった自分の壁を超えることも出来て、
同時にツインとの関係、長年の家族(実母、夫)
との課題もクリアになりました。

結果、とても不確かな部分を形にするという、
既成にはない概念を形にするという自分をハッキリ確信し、自信が芽生え、自分に素直なまま行動することが出来て、又、そうすることで更に自分への信頼『自信』が
高まる流れになりました。

きっといつも同じところにぶち当たり、
どう進んでいいかわからないまま何が問題かも
自覚できないまま堂々巡りしていたと思います。

行き詰まった時の優しさ、サポート力、甘えさせない強さを兼ね備えていて、経験でも自分と同じくらいの経験をされていて、経験しないと見えない世界を知っていて、
かつ自分が知らないところも分け隔てなく
受け容れてくれるYokoさんだったからこそ
講座を受ける気になったんだと思います。


どうしても自分の中の何かがあって先に進めない
自立するしない迄いかなくても
変わっていきたい
って本気で思っているならば
Yokoさんのサポートは絶大です。
現実にどうしていくか
を気づかせてくれます
おんぶにだっこ、のつもりなら
別の方が良いと思います。
自分でどうしても自分を変えたい
そんな方の強い思いは
Yokoさんに響きます。

 

———————————
絵のタイトルと彼女へのメッセージ
———————————
「宇宙」
自分と深く繋がる事があなたの喜び
宇宙は自分自身

 


慈陽 -jiyuu-さんの魂の絵です。

彼女の最後のラストスパートの突き抜け具合がすごかった笑
半年前の彼女とはまるで別人です。
あなたの夢の代行旅人 「慈陽 -jiyuu-」のブログはこちら
https://ameblo.jp/jiunnjiunn/entry-12365017721.html

 

 

———————————
脱・ふわふわスピリチュアル
ライトワーカー養成講座

———————————
ただいまライトワーカー養成講座は満席🈵になっております。
メルマガにて先行優先案内をしておりますが、

メルマガだけで体験セッション枠がすぐ満席になってしまいます。💦ごめんなさい。

 

半年間がっつりと密におつきあいするのであまり大人数は受け入れられないのが理由です。
そして、この講座の良いところはグループワークですので変容がさらに早まります。
時期募集は5月を予定しており、6月スタートの半年コースとなります。
体験セッションで自分の未来に触れてみましょう。
まずはメルマガを登録くださいね♪

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=IRnMbylTbGno

 

関連記事

新商品

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

3人の購読者に加わりましょう

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページ上部へ戻る